トルコのキリム

ead147e5.jpg東京ドームでは残念ながら作品を見て歩くことが出来ませんでした。18時半の終了の後は必死でハッたおなかを抱えて家までたどり着くのが精一杯でした。そんなイベント中、唯一のお買い物がブースのお隣さん。トルコのキリムや絨毯などを扱うお店で、去年もお隣さんということでよくお話をするようになり仲良くなりました。扱う商品は異なっても、あちらも手作り。とってもステキです。空いた時間にちらちらと見ては目の保養にしていました。古く遊牧民の生活から生まれた実用的な織物らしく、その歴史はパッチワークにも似ていますよね。かなりの高級品で丸っきり手の出ないものがほとんどでしたが、こちらのクッションカバー。半額でいただいちゃいました!コットン地にシルクの刺繍。独特な色で何とも言えない雰囲気。ボルティモアのアンティークキルトみたいにも見えます。やはり「手づくり」はスバラシイ!・・・という東京ドーム2007の思い出でした。

コメント

  • やよ says:

    ドームご苦労様でした。
    ベビーちゃんも頑張りました(^^)
    手作りって何でも素晴らしいですね♪
    私はキルトで主人は蕎麦打ちなんですが、良くても悪くても悪口にならない所が素晴らしいと思います。

  • Seiko says:

    やよさん、こんにちは。
    なるほど~。その通りですね。私の夫もかなりいろいろと口を出してくれますが誰かが何かを言ってくれないと気付けないことばかりなのですごく助かっています。
    先日は主婦の生徒さんが初めて絵キルトをつくられて、ドームに飾らせていただきました。「主婦になると誰かに評価されることがないので作品を見てくれることがうれしい」とおっしゃっていました。私もどんどん作品を作り出したい!とこんな出産間近の状況で意欲がわいてきてしまいました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagram
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.