陶芸

最近、娘の習い事について考えています。すでにピアノ、保育園では英語と体操もやっています。十分なのですが、なんとなく「バレエやりたーい」という言葉を耳にし(おそらく友達が言っていたのをマネしたのね)、考えるようになりました。英語と体操は保育園を辞めたら終わり。その後も続けられて、今から始められるものは?もっと娘の特技を引き出せるような体験をさせたい、と思うようになりました。
110907aそして探し始めたのは、まずバレエ。いろいろ見学に行ってみて、娘もウキウキしているのですが、実際に「じゃぁ今日は動きやすい服を着て一緒に踊ったりして体験させてもらおう!」と言うと、「え~やだぁ」となるのです。もちろん将来プロを目指すわけではありません。姿勢がよくなって体力づくりになれば、と思っていたのです。発表会にかかる費用が高額ということも調査済みでした。でもよく考えたら・・・私がやらせたかっただけかな、と。
私は子供の頃、毎日のように習い事をしていました。ピアノ、習字、水泳、絵画、機械体操、剣道・・・など。で、残ったのは絵画だけでした。もちろんすべてムダではなかったし何でもやってみたい気持ちは良いとして、やはりあれもこれもは良くないなと親になって気づきました。(まず経済的に・・・。お父さんお母さんごめんなさい。)
そこで、この際時間をかけてとことんいろいろ体験してみようと思ったのです。本人はまだ小さいけれど、「これならやってみたい!」というのをひとつ自分で決めることはできるかなと思いました。成長の過程でどんどんやりたいことも変わるだろうけど。

110907bそして先日行ったのが、陶芸。毎日家でいろいろな工作を楽しむ娘。おままごと中もずっと折り紙やおもちゃ、セロテープやのりを使って何かを創りだす。私は立体モノに弱く(大学での彫刻の授業は最低でした・・・)、そうは言っても興味があるのが陶芸でした。自分で作ったお皿で食事したいといつも思っています。そこで、毎日あらゆる立体モノを作ろうと遊びつくす娘には、もしかして陶芸か!?(親ばかです) と私がやりたいだけなのですが、体験に行ってきました。
出来上がったのはこちら。いったいなんだろう・・・不思議なものですが、本人はものすごく楽しんでいる。これか?娘にピッタリなものはこれか??と親ばかぶりを発揮しながら、(楽しんでいるのは私の方かも)習い事探しはまだまだ続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagram