「被災地の子どもたちにクリスマスカードを届けよう!」

絵画 2011年12月22日

1222a先日、友人から聞いて知ったのですが、こういう企画があるようです。もう時間がないと思ったけれど、カードならすぐに書ける!と思いたち、紙を用意したけれど・・・ことばが見つからない。気持ちを勇気づけることばを探しているうちに今日になってしまいました。そうだ、ピッタリなことばは見つからないけれど、絵なら描ける。とすぐに色鉛筆と筆を用意し、描いたのがこれ。本物をそっくり描くのは得意ですが、想像のものとなるとすっかりメルヘンチックになってしまう。修行が足りないな・・・。とにかく娘と同じ年頃のこどもたちが、たった今も被災地で寒い思いをしているんじゃないかと思うと本当に胸が痛みます。ほんの一瞬でも、心がポっとあたたかくなってくれることを祈って、送りました。

1222bところで、ピッタリの封筒が見つからなかったので、画用紙をたたんでマスキングテープでとめて送ってみました。なんと、ぴったり定形郵便で送れました。マスキングテープって便利だな・・・。

「被災地の子どもたちにクリスマスカードを届けよう!」
http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/opinion/20111121.htm

コメント

  • azuki says:

    seikoさん、こんにちは!
    年末のイベントと家の掃除で毎日ドタバタ…。
    今日ようやく一息ついてパソコンの前にすわったら、
    あらあらブログに可愛い内容書き込みがめじろ押し!!
    Mちゃんのお洋服といい、ソーイングケースといい、
    seikoさん、いい時をお過ごしなのですね…☆
    やはり、娘さんってお母さんのすることをホントによくみてますものね。
    私自身今になっても、昔の母の暮らし様をよく思い出して
    参考にしたり、感心したりすることがあります。
    ミシンを並べたお二人の様子想像しただけで、たまらないワ。。。
    お菓子づくりもホントに楽しそうですね。
    フエルト使いがとっても可愛いソーイングケース。
    私のソーイングケースもかなり薄汚れてしまって、
    生徒の見本に持って歩くのも恥ずかしいようなシロモノに
    なってしまいました。
    seikoさん、ドームでキット化して下さいな!!!!!是非!
    パターンだけでも!!!ね。
    最近、BSの「旅のちから」という番組で、料理研究家の栗原はるみさんが、
    「イギリスの一流レストランの厨房に修行に行く」というのを見て、
    64歳とは思えない心と体と頭のみずみずしさにすっかり刺激を受け、
    ちょっと元気がでてきた最近の私です。
    相変わらずでしょ…(笑)

  • azuki says:

    seikoさん、書き忘れました。
    クリスマスカードの企画に協力していただいてありがとうございました。
    こんな、ホッコリとしたカードをいただいたら、
    絶対嬉しいですよね。
    楽しいクリスマスを!

  • Seiko2 says:

    娘にも素敵なクリスマスカードありがとう。
    大きさや、絵を想像しながら一緒に完成させ、現れた文章で大爆笑でした。
    もとちゃん、お土産ちゃんと買っていくからね~

  • Seiko says:

    Azuki先生
    あいかわらずお忙しそうで・・・私は最近、手づくりを満喫しています。というか、今まで出来なかった分の発作が今ピークという感じです。何をやっても楽しいです。
    仕事もなかなか自分のペースで出来るようになってきました。それにしても、栗原はるみさんて本当に若いですよね。お年を聞いてびっくりしました。。。
    そうそう、モトコのソーイングポーチ。キットは無理です!!細かすぎる~

  • Seiko says:

    Seiko2ちゃん
    カードありがとね!私からの手紙を入れようと思っていたのに、帰ってきてから置き去りにされたそれを見つけました・・・でも、おもしろいカードだったでしょ?あんなものがあるんだねぇ。まぁ、その上をいくもとこの文章力。頭の中が見てみたい。遊びに行くからね!お正月は岐阜かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagram