変わる風景

ご近所散歩 家族のこと 2012年9月18日

090408 2733休み明けでボケボケしています。皆さまお元気ですか?暑くて暑くて、外に1分でもいたら干からびてしまう~と思い、保育園の送迎を車にしてしまってから早や2ヶ月(いや、1ヶ月半くらいかな。いつから暑かったかもう忘れてしまった)。そして先日「お!?」と感動するくらい涼しい夕方、久しぶりに歩いて迎えに行きました。春に引っ越してきて畑の花にみとれて、田んぼの水面にみとれて、田植え・その成長を見守り、あっという間に気付けばもう稲刈り終了(地域によって時期は違うようですが)。のんびり時間が進むと思っていたのに、都会のそれと同じように私の前では皆あっという間に過ぎ去ってしまうようです。
まだ小さかった頃、私の通った小学校の通学路にも畑や田んぼはありました。きっと季節ごとに風景は変わっていたはずなのに何も気付かず通り過ぎていました。きっと娘も目の前のことに夢中でこのきれいな景色は見えていないに違いない。ということで、一緒に保育園まで歩いて通えるのもあと半年。(あ、冬はまた車に乗っちゃいそうだな・・・)うるさいと言われても、「見てみて花が綺麗だよ。」とか「田んぼはこの後どうなるかな?」と、いちいち言ってきかせよう。きっとその方が心に残るはず。
それにしても心配なのは、魔の地点。歩いて通園すると途中で必ず娘がトイレに行きたくなる曲がり角があるのです。。。思い出させないように歌を歌って歩こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagram