春休み総集編

家族のこと 旅行 2013年4月12日

いったい何から書けばいいのかな・・・というくらい盛りだくさんの春休みでした。保育園児だった娘は卒園して人生初の「春休み」。夫の実家が近くにあって本当に助かりました。仕事をしながら一日中子どもの相手をするのは大変です(世の中のお母さまがた、お疲れさまです!)。夏休みの作戦を練らねば。

卒園したその日にまず伊豆・伊東に向かい、久しぶりに私の両親に会いに行きました。大きくなった娘を見せられてホッとした後は神奈川・逗子へ。母子ともに仲良しの友人宅に泊めてもらい楽しいひととき。そして次の日はさらに懐かしい東京・目黒へ。娘が1~2歳の頃に通った保育園の友人たちが集まってくれました。と、その直前、駅についてほんの少し時間がある!と思い向かったのはもっと懐かしい、娘が3ヶ月~1歳になるまで預かってくれた保育ママさん(家庭福祉員)宅へ。先生が運良くいらっしゃり、ほんの10分程度でしたが懐かしい部屋でおしゃべりができました。おそらく当時娘はこの先生のことを「おかあさん」だと思っていたに違いない。一日のうちでこの先生と遊んでいる方が長かったのですから。まだ寝返りも出来ない赤ちゃんがハイハイをしてつかまり立ちをするまで育ててくれました。無事に目黒での楽しい時間を過ごして最後にお父さんに会った娘。6年間の成長をさかのぼり、うれしいやら反省やら複雑な気持ちが心の中にあふれた数日間の旅でした。逗子や目黒の友達。皆娘と同じ、この4月に小学生になる子どもを持つママたちです。そして保育園つながりということは、全員仕事もかかえています。学童のお弁当、入学準備など大変な時期に私たち母子のために時間をつくってくれて本当にありがとう!

そして岐阜へ帰還した後、今度はアメリカからお客さまが泊まりにくるということで大掃除。ほぼ一年かけてつくりあげたキルトをお渡ししました。そのキルトについてはまた今度ゆっくり紹介します。無事にこの大仕事を終えて、なんだか涙が出そうでした。あ、詳細はまた次回だった。よしよし。
3月から始めた合唱団、ひとつお姉さんになり「ブラウニー」になったガールスカウト。新しく加わった地域の子供会主催のおみこし。建築中の家の打ち合わせ。いろいろな行事がひとつひとつ我が家を通り過ぎ、入学式まであと数日とカウントダウンがはじまりました。学校にあがる、とはこんなにも大変なのか…とまるで激痛の出産が終わった後につらい寝不足が続き「聞いてないよ!」と怒りたくなったあの時と一緒(わたしだけ?)。あらゆる文房具に記名、制服や帽子、体操着のサイズ直し、いろいろ袋物の制作、勉強スペースの確保。ま~どれも前もって少しずつ準備すれば何の苦労もしないのですけど。とにかく卒園以降のスケジュール調整を間違えました。おかげで仕事もかなりたまってしまいました(お客さま、すみません)。そして無事に昨日入学式が終わりました。今朝は「先生にダッコ!と言っちゃダメだよ」と言い聞かせながら小学校に送り出しました。なんだかんだいろいろあったけど、「しょーがっこう、たのしい~!」と連発する娘をみて、すべて忘れる単純な母親です。さー仕事、仕事!
キルトのこと。入学式のこと。またブログに書きたいと思います。今日はこれにて。あいかわらず長文だな・・・
すべて記録に残したいので写真もたくさん掲載したいのですけど・・・実はMacにかえたら使い方がさっぱりわからない。そのうちに今回の春休み写真集記事が出てくるかもしれませんが、親バカお許しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagram