春休みの思い出写真たち

家族のこと 旅行 2013年4月18日

IMG_0257IMG_0346IMG_0349IMG_0352IMG_0366IMG_0425IMG_0543IMG_0714IMG_0616 (1)IMG_0562IMG_0694IMG_0815

先日書いた春休みの出来事について、写真もたくさん記録に残しておこうと思います。ようやく新しいMacの扱いにも慣れてきましたよ。何もかも電化製品に囲まれた生活。良くないな~と思いつつパソコンも最新になりもうこの世界から抜け出せない・・・と、書いたところで一回間違えて「投稿」してしまいました。全然まだ慣れていなかった。すみません。

最初の写真は、保育園最終日。相変わらずの格好でたった1年でしたが目一杯遊んだ保育園にさようなら。その日はおじいちゃんおばあちゃんの待つ伊豆に泊まり、翌日は逗子へ。友人と子どもたちが作った卒園お祝いスイーツが二番目の写真。友人の新居はとても居心地の良い空間でした。そして次の日に向かったのは懐かしい目黒。1歳まで毎日過ごした小さな部屋。この滑り台が危なっかしいと思ったほど小さかった娘がいつのまにか巨大な(笑)少女に。
4番目のしかめっ面写真が妊娠中から良く歩いた商店街。ここで懐かしい保育園の友人たちに会えました。3歳の子どもたちがどうなったか楽しみでしたが皆りっぱな小学生(になる)顔をしていました。娘はこの商店街を全く覚えていなかったようですが、8年住んだ私にとってはひとつひとつのお店がとても懐かしく、ガラっとかわっているかなと思ったけれど意外にそれほど変わっていませんでした。実は眼鏡屋さんにかっこいいお兄さんがいたのだけど、今でもいるのかな・・・と覗きたくなりましたがそんな時間はありませんでした。
東京に向かいお父さんにベッタリくっつく娘が5番目の写真。無事に帰宅し旅はおしまい。アメリカからのお客様と一緒に「おんさい広場」という地元の新鮮な野菜が安く買えるお店に。彼女はお料理の先生。数週間前から「食事どうしよう」「何を食べてもらったらいいのだろう」と悩み続け、あっという間に解決。彼女に我が家の狭いキッチンで作ってもらいました(汗)。美味しくいただいたのはそら豆とミニトマトのパスタなどなど。幸せいっぱい、おなかいっぱいの一日でした。次の日は地元の子ども会にておみこし。この辺りは子どもの数がとても多く、小学生の行列が二つに分かれて歩き回りました。桜が満開でとてもきれいな時期でした。写真はどう見てもおじさんにしか見えない、休憩中の娘。入学の準備を進めながらも毎日休みの娘と楽しく過ごし、最後は姪っ子も連れてパンケーキランチへ。入学前の最後の笑顔。小学生、中学生、高校生とあっという間に大きくなってしまうのだろうけど、いつまでもこの笑顔で周りを和ませるような女の子でいてほしいと願っています。

一番下の段は春休み中に作ったお菓子。ハニーラスクはもうレシピを見ないで作れるようになりました。二番目のはチョコレートサンドクッキー。マカロン風ですが、私にはカレーパンマンにしか見えない。初挑戦のクレープはフライパンで焼いたそばからペロリと食べてしまうので、結局完成図は撮影出来ず。最後は相変わらず大好きなパウンドケーキ。バナナとパパイヤとブラックレーズンをたっぷり入れました。インドアな私たち母子にはピッタリのお菓子作り。本当はもっといろいろ試したいけど結局いつものばかり。でも前からしたらかなりの進歩。この調子で楽しんでいこうと思います。

ということで、写真連投&レイアウトがズレズレでしたらすみません。とりあえずこれにて春休みの思い出写真を記録に残すミッション完了。次回は入学式について。早く書かなきゃ夏になってしまう~

コメント

  • メグ says:

    せいこさん、こんにちは。
    もっちゃんのご入学おめでとうございます。
    ほとんど会ったことがないのに、遠くに住んでる伯母さん目線で楽しませていただいております。
    先日完成されたキルトもチラリと拝見いたしましたが、素敵な作品が完成しましたね。ワタクシもあんな素敵なキルトが作れたらなぁ、と思いました。
    ショップの再開も生徒さんたちと一緒になって喜んでおりますのよ。
    裁可してくださって本当にありがとう。また素敵な生地をたくさん見せてくださいね。 メグ

  • Seiko says:

    メグ先生
    いつもありがとうございます!無事にもとこの入学式が終わりましたよ。いつか先生にもきちんとご挨拶できるレディに育てなければ(笑)。
    先生の「ロケラニ」のキルト拝見いたしました。素敵ですね~。ドットバティックが生き生きしていますね(笑)。本当にこの生地がなくなってしまうのが惜しいです。でもまたどこかで面白い生地を探してきますね。
    私の絵キルト、また詳細をアップしたいと思います。見てくださり、コメントをくださる方がいる限り、作品を作り続けようと思います。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagram