パリ5日目

旅行 2014年8月18日

DSC_5221さて、今日も朝暗いうちから家を出てメトロに乗り込みました。今日の目的地はモンサンミッシェル。今日は私、楽をさせてもらってツアーを申し込んでおきました。TGVとバスを乗り継いで行く方法もありますが、そちらの方が少し高くなるのです。夫に車を運転してもらって・・・とも考えましたが、やはり日帰りで帰ってくるにはかなり無理があるということで、日帰りバスツアーの旅を選びました。
パリを出ると早速はじまるのどかな風景のオンパレード。やはり田舎はいいな。うとうと眠ったり起きたり、バスの中では飲食禁止!と言われましたがこっそり娘とチョコを食べたり。そんなことをしながら途DSC_5307中立寄り予定だった小さな村に到着。とにかく可愛い!花が咲き乱れるその村は、一周歩いても10分しかかからないという本当に小さな村。「フランスで最も美しい村」のひとつに認定されているBeuvrons en Augeという村です。マカロン屋さんでマカロン食べて、パン屋さんで買ったパン食べて、娘のおもちゃ選びに付き合っていたらその小さな村を全部回ることも出来ずに集合時間。これがツアーの弱点(涙)。
そしてバスを乗ることさらに数時間。見えてきましたモンサンミッシェル。20年前に2回訪れていますが、今回も期待を裏切ることなく、異様な雰囲気をプンプンさせて同じ場所にありました(あたりまえ)。以前来たときは修道院のすぐふもとまでバスが行けたのですが、今では昔の環境を取り戻すためにDSC_5238橋が造られ、遠いところで降りてからシャトルバスで行かなくてはいけなくなりました。その方がやはり少しずつ遠くから近づき、その雄大な姿を楽しめると思います。しかしとにかくココもヴェルサイユに負けない巨大観光地。世界中から集まった人・人・人で大混雑。シャトルバスでは息をすうのがやっとでした。それこそ前回来たのは3月の寒い時期でしたからこんな混雑、想像も出来ませんでした・・・。
それでも何とか修道院の上まで登り(また今日も登ってる!!と、不満を言いながら)素晴らしい景色を拝むことができました。とにかく人ごみを避けて、近道を探してのぼるのですが、上へ上へと行く途中にIMG_1705ふと後ろを振り返ると、どこから見ても絵になる絶景。iPhoneで写真を撮りながらゼーゼー息を切らして、もう二度と来られないかもしれないと思いながら一生懸命目に焼き付けてきました。
フランスに来てから毎日雨が降ったり、晴れてきたり、寒くなったり、日差しが暑く感じたり、時間ごとに天候が変わるのですが、ロンシャン礼拝堂やヴァンセンヌ城、そしてここモンサンミッシェルでもちょうど晴れてくれました。今の季節は本当に緑や花もきれいで、記憶に残るモンサンミッシェルよりもあきIMG_1744らかにカラフルな今日でした。7歳の娘はどんな気持ちで毎日連れ回されているのか(笑)分かりませんが、無邪気に遊びながらついてきます。誰かは一生に一度だって来られないであろうこんな場所を、将来どんな風に思い出すのかな。
帰りのバスでも、写真撮り過ぎだと言われながらも、のんびりくつろぐ牛やひつじ、小さな家に大きな木、どこまでも広がる草原を眺めながらパリまで戻ってきました。夜9時を過ぎていましたが、まだ明るい。そろそろラーメンが食べたい!(笑)ということで、ちょうどオペラ座の日本料理店が並ぶ界隈に来たので今晩はその中のお店でチャーシュー麺。美味しかった~。何より日本語のメニューを見てホッとしました。今日も帰宅したのは10時過ぎ。B&Bのベッドは最高に気持ちが良く、毎晩バタンキューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagram