閉店のお知らせとお詫び


あけましておめでとうございます。コトコネオーナーせいこです。いつもありがとうございます!
さて、新年早々お詫びです。長くなりますので、閉店に関するお知らせ文書はリンク先をご覧いただきましたら幸いです。
 
 
コトコネ自由が丘閉店のお知らせとお詫び
http://cottonconnection.jp/shop/jiyugaoka
 
数ヶ月前から考え抜いた末の結論です。ご利用頂いておりましたみなさまには突然、大変なご迷惑をおかけしまして、本当に申し訳ありません。
 
・コトコネ自由が丘は3月中旬で閉店します。(3月18日にて閉店することに決定いたしました)
 
・岐阜コネのマーケットは例年2月に開催しておりましたが時期をずらし、3月末(未定)に最後のマーケットを開催します。
 
・ドットバティック以外、取り扱っている全ての商品を在庫限りとします。(Fossil Fernの取り扱いを継続することになりました。)
 
・オンラインショップ(楽天市場店)も時期は未定ですが、閉店の予定です。
 
 
先生方やスタッフはもちろん、生徒さんやお客さま、応援してくださっていた皆さん、協力してくださったたくさんの方々、申し訳ありません。これまで本当にありがとうございました。
 
20年前アメリカへのキルト留学で始まった私の夢は、いったんここで消えます。やり残したこと、たくさんあります。たくさんの人にたくさんの約束をしてきましたが、果たせずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。その他の悔しい気持ちや情けない気持ちも、これからずっと背負って行くのかもしれません。
それでもやはり、大切なものを守るためには、がむしゃらに頑張るのはちょっと違うな、と気づきました。「これをしたいのに時間がない。あれをしたいのに余裕がない。いつか、いつか。」と思ってきたけれど、自分自身が自分の時間を使いこなせないのは自業自得です。ただ、子どもたちに母としての時間を与えられるのは今しかない。自営業ですから、これまでも「一緒」の時間はたっぷりありました。だけど、心は全く子どもを見ていない。お店のサンプル用ではなく、純粋に子どもの希望の生地を使うこと、キット用に在庫が多いものではなく、二度と手に入らないお気に入りのたった一枚のハギレを大切な作品に使うこと、キルターなら誰もがしているそんなことをしたいです。
 
 
そんなわけで、手芸業界の云々やら私の経営センスのなさは置いておいて、これまでいいかげんだった自分や家族と丁寧に向き合って暮らしていきたい、というワガママをお許しください。
 
 
一歳の息子の面倒を見るため、私は今年もドームには行かれませんが、ドットバティックの新色が勢ぞろいします。ブースNo.C-30にてスタッフがお待ちしております。ぜひお立ち寄りください。
(1月19日〜23日は自由が丘店を臨時休業とさせていただきます。ご了承ください。)
 
 
コトコネ自由が丘では5人のスタッフが曜日によって入れ代わりますが、本当に良くアイデアを出し合いお店を盛り上げてくれました。今ではそれぞれがコトコネには絶対に欠かせない大きな存在となりました。あと数ヶ月で解散となりますが、彼女たちにどうかまた会いに来てください。最後の日まで、コトコネらしい手芸店であることを約束します。

コメント

  • 秋吉 女久美 says:

    去年の夏から半年弱のお付き合いでしたが、オーナーせいこさんのほんわかあったかい人柄が大好きでした。クローズするのはとても残念ですが、子供たちとの一瞬一瞬はかけがえのないものです。後で後悔などしないように。優先順位はどこにもあります。子育てに時間の余裕ができてまた、せいこさんのお店がオープンされるのをゆーっくり待っています。有難うございました。

    • cotocone says:

      秋吉さま
      本当に短い間しかこの環境を提供することが出来ず本当に申し訳ありませんでした。それなのにこのように温かいコメントをいただきましてありがとうございます!
      またお会いできる日を楽しみにしております!
      松波

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です