4歳息子、ことばの記録

家族のこと 2019年11月12日

ポカポカ陽気の気持ちの良い土曜日。

お姉ちゃんはガッコー。

お父さんはトーキョー。

ドーナツ食べたい!というので、2人でぶらぶらお散歩がてら歩いて出かけました。

手をつないで歩くなんて珍しいなと思っていたら、何やら考えごとをしていたようです。

突然息子、「どーして耳には骨がないの?」

私「え、どーしてかな、やわらかいよね」

息子「食べやすいねえ」

私「え?なんだって??」

息子「肉食恐竜はまず耳から食べるかもね。食べやすいから。」

私「…そうだね、きっと。」

普段外を歩く機会がなかなかないので、私が一生懸命「ほら!今信号見てごらん!赤?青?赤の時はどうするのだっけ?」と言っていると、突然「あ!」と走り出す。

「だから赤の時は!(怒!)」と一悶着あったあと、息子の「あ」に戻ってみると、

「ほら!おかーさん!見て!小さなカキ(柿)!!」 たしかに。そこには小さな小さな柿があるではありませんか。(1センチもないこの実は何ですか?) 横断歩道の向こうのこんな小さなものに気づくなんて。末恐ろしい…じゃなくて、なんて賢いのでしょう。もう絶賛老眼進行中の私には近くのものも見えないけど、遠くのものも見えません。息子よ、お母さんを頼むよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

instagram