The cotton conection

Shaun’s Jeep

2000
Machine Piecing – Machine, Hand Applique – Machine Quilting
約120×100cm

Quilt Odyssey2000 コンテスト入選

キルト留学中、いろいろなグループに所属しました。トラディショナルな手縫いのキルトグループでは、メンバーが作ったトップを皆でチクチクとおしゃべりしながらキルティングを毎週楽しみました。

確か彼女はアートキルトのグループで一緒でした。ある日私が制作中だったMotorcycleキルトを見た婦人から、「息子はJeepが好きだから、Jeepのキルトをつくってほしい」と依頼されたのです。

彼女の息子さんShaunは私よりも4歳も年下でした(ということは当時19歳)が、私の2倍はあるような背の高い人で、しかもひげを生やしたワイルドな印象でした。

そんなShaunに彼のJeepの写真をもらい、まずは何枚かスケッチをすることから始め、彼らしいワイルドなイメージを表現できるよう動きのある構図にしてみました。 このキルトは今、ニューヨークでアートを勉強する彼の部屋に飾られているそうです。いつかまたこのキルトに会えるかな。

この文章を書いたのは帰国して数年後。あれから20年は経ちました。
お互い今ではいい年です。笑

This quilt was accepted for the exhibition Quilt Odyssey2000 in the U.S.

While studying Quilt making, I had belonged to various groups. In the traditional quilt group, we enjoyed quilting every week with the tops made by the members.

I guess she was in the one of the art quilt groups. One day, a woman who saw the Motorcycle quilt I was working on at that time was asked, “My son loves Jeep, so I would like you to make a Jeep quilt.”

Her son, Shaun, was four years younger than me (he was 19 years old at the time), but twice as tall as me, and he was bearded and totally looks older than me…

I got pictures of his jeep from Shaun, started with some sketches, and tried to make a dynamic composition to express his wild image. The quilt is now displayed in his room where he studies art in New York.

I wrote this sentence a few years after I returned to Japan. Twenty years have passed since then. We are in good middle age now.

pagetop
copyright(c) The Cotton Connection Fabrics All rights Reserved.